メルセデス・ベンツEクラス・クーペは最終テスト中

2016.12.06

メルセデス・ベンツEクラス・クーペは、CクラスおよびSクラス・クーペと共通したデザイン・コンセプトが与えられる予定で、デビューは来年1月のデトロイト・モーターショーを予定している。

メルセデス・ベンツEクラス・クーペは、来年、2017年の春から販売が開始される予定だが、ワールド・プレミアはその前に行なわれる1月のデトロイト・モーターショーとなる予定だ。

Eクラス・サルーンをベースにすらりとした2ドア・ボディを与えられたEクラス・クーペは、BMW 6シリーズとアウディA5のライバルとなるモデルで、現在、最終テストが行われている。

このEクラス・クーペは、更に来年発売となるEクラス・カブリオレのベースともなるモデル。Eクラス・カブリオレは、ファブリック・フードを持つオープン・モデルで、4シーターのシート・レイアウトを持つ。

第5世代となるEクラス・クーペは、デザイン責任者のゴードン・ワーグナーによって設計がされたもので、基本的なフォルムは、Cクラス・クーペ、Sクラス・クーペに近い。インテリアは、Sクラスにも採用されるデュアル・スクリーン・デジタル・インストルメント・クラスターとマルチメディア・ディスプレイが採用されているのが特徴。また、Eクラス・サルーンおよびエステートに装備される12.3インチのデジタル・インストルメント・ディスプレイやマルチファンクション・ステアリング・ホイール、タッチセンシティブ・パッドと、最新のコマンドAPS NTG 5インフォテインメント・システムも採用されている。

C208という内部開発コードで呼ばれるEクラス・クーペのテスト・モデルからは、スロープしたルーフラインと、先細りのシェイプを持つリア・エンド、そしてデイタイム・ライニング・ライトを見ることができる。

アーキテクチャーはCクラス、Sクラスにも使われているMRAプラットフォームで、エンジンは、2.0ℓの4気筒ガソリン、ディーゼルが中心。この他3.0ℓの6気筒ガソリンおよびディーゼルや、プラグイン・ハイブリッド、そしてAMGバージョンに搭載される4.0ℓV8ツインターボも設定される。

すべてのエンジンは、9速オートマティックと組み合わせられ、一部モデルにはオプションとして4Maticも用意される。



▶ 海外ニュース / メルセデス・ベンツEクラス・クーペは1月のデトロイト・デビュー

 
最新海外ニュース