アウディA8L 全長5.3メートル ホイールベース130mm拡大 北京モーターショー

2018.04.25

サマリー

全長5.3mという長〜い「アウディA8 L」が北京モーターショーに展示されました。標準仕様と比べてホイールベースを130mm拡大。じつは、中国だけではなく、イギリスでも販売されています。

中国だけじゃない 英国でも発売

アウディA8のロングバージョン、「A8L」が北京モーターショーに展示された。

中国の観衆が目にするのは、標準よりも130mm長いホイールベースと拡大されたレッグルーム。後席は、2名がけとなっている。

標準モデル同様にADAS(先進運転支援システム)は非常に多くの機能を有している。そのリストのなかには、高速道路の渋滞時に50km/hまでは自動運転する機能、乗り味を高めるロードスキャニング・アクティブ・サスペンションという様々な最新テクノロジーの名前が並ぶ。


ロングホイールベース仕様のパワートレインは2種類。
・3.0ℓ6気筒ディーゼルターボ:286ps
・6気筒ガソリン+マイルドハイブリッド+48Vシステム:340ps

標準仕様にラインナップされる4.2ℓV8ディーゼルは、A8Lには用意されない。

A6L、Q5LとともにA8Lの主要マーケットはもちろん中国であるが、英国でも販売されている。英国価格は7万3095ポンド(1113万円)だ。

 
最新海外ニュース