海外ニュース

2018.07.20

VWゴルフGTI、欧州で受注終了 WLTP導入を控え GTIパフォーマンスは存続

編集部より

フォルクスワーゲン、現行型ゴルフGTI(スタンダードモデル)の受注を、欧州では停止します。これは9月からのWLTP導入に向けた動きです。GTIパフォーマンスについては、販売存続とレポートされています。

もくじ

スタンダードなGTIを廃止 パフォーマンスのみに
年内にTCRが追加

スタンダードなGTIを廃止 パフォーマンスのみに

フォルクスワーゲンは9月のWLTP施行を前に、欧州市場のラインナップからゴルフGTIを廃止した。

ただし、GTIパフォーマンスについては販売が続けられる。これは1465ポンド(21万円)高い2万9930ポンド(438万円)で、同じ2.0ℓターボを245psまでパワーアップしたものだ。この変更についてはフォルクスワーゲンが認めている。

8代目ゴルフが来年登場予定であることを考えると、フォルクスワーゲンが230psのスタンダードなGTIをWLTPに適合させて再び投入する可能性は低い。

WLTPは現在の実験室で行われるタイプのNEDCテストに置き換わるもので、実際の公道での試験を必要とする。メーカー各社はこの新規制に適合させるため、新たな微粒子フィルターの装着を余儀なくされている。

next page年内にTCRが追加

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ