[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

VWゴルフRのパワー引き下げ 310→300psに WLTP適合のため

2018.07.05

100字サマリー

フォルクスワーゲンはWLTPへの適合のため、ゴルフRのパワーを引き下げることを発表しました。以前の310psに対し、今後は300psとなります。それと同時に、顧客需要の変化に合わせ、英国での3ドアおよびMT仕様の販売を終了するとのことです。

もくじ

エグゾーストシステムを変更 300psに
ラインナップを縮小 5ドアDSGのみに

エグゾーストシステムを変更 300psに

フォルクスワーゲンはホットハッチであるゴルフRのパワーを、9月から始まるWLTPに適合させるため引き下げると発表した。姉妹車であるセアト・レオン・クプラも同様だ。

2.0ℓの4気筒ターボは今まで310psを発揮していたが、今後の仕様では300psとなる。

フォルクスワーゲンのスポークスマンはAUTOCARに対し、「新しい規制に対応するため、排気ガス処理と最高出力が変更されました。今後は、ゴルフRのエンジンは300psとなります」と述べた。

フォルクスワーゲンはこのパワーダウンについて技術的な詳細を明かしていないが、WLTPのより厳しい排出ガス規制に適合するため、エグゾーストシステムを変更したものとみられている。これにより、公道走行時の窒素酸化物の排出量が低減する。

 
最新海外ニュース