ニュース

2018.10.03

メルセデス・ベンツ、燃料電池の開発継続 まずは商用車向けに

編集部より

メルセデスは水素燃料電池が今後重要なパワーソースとなると考えており、今後も開発を続けるとのことです。乗用車向けには当面バッテリーEVを優先しますが、バスなどの商用車に燃料電池を搭載することを検討しているようです。

もくじ

まずはバッテリーEVを優先
燃料電池バスを開発へ

まずはバッテリーEVを優先

メルセデス・ベンツは水素燃料電池技術への投資を続けるようだ。ただし、実用化はバスなどの商用車が最初になると見られている。

メルセデスはここ20年以上にわたり燃料電池の開発を行っているが、現在はバッテリーEV(BEV)の開発が優先されている。ダイムラー次期会長のオラ・カレニウスは2025年までにその販売の15から25%がBEVとなると予想している。

カレニウスはパリ・モーターショーにおいて、メルセデスが限定販売のGLC Fセルに限らずさらなる燃料電池車の開発を続けると語った。

「われわれは燃料電池事業を25年以上にわたって続けるベテランであり、その発展を目の当たりにしてきました。現在われわれはGLC Fセルでその有効性を示しています」

「2025年に向け、BEVとFCVのどちらを優先すべきでしょうか? われわれはEQファミリーにおいてBEVを拡大することに決定しました。両方を同時に拡大するのは良い選択とは思えません」

 
最新海外ニュース