マクラーレンMP4-12C 「雲の上」ではない? (比較的)お買い得 試乗

2018.12.22

類まれな魅力 思ったより近い存在

ギアチェンジもまた無頓着な印象をあたえる。シフトスピード自体は速いが、ギアが切り替わって再びパワーオンに移る瞬間ははっきり見てとれる。現行モデルでは事実上感じとれないところだ。

マクラーレンの秘蔵車を振り回すわけにもいかなかったが、ステアリングの適度なギア比や重さを堪能できる程度には頑張って走らせてみた。その範囲では、ハンドリングについてはやはり好みとは言いがたかった。それは登場時に感じたのと同じだが、ドライバーが純粋かつ主体的に関われるクルマになった今のマクラーレンとの一番の違いはそこかもしれない。

だが、いまのマクラーレンはオプションリストから必要なものをちょっと加えただけで12Cのほとんど倍の値段になってしまう。そこで12Cが俄に輝きを増してくるのだ。予算が10万ポンド(1427万円)あるならとんでもなく良い買い物だし、いっそバーゲンといってしまってもいい。マクラーレンのクルマをこう表現することなど、そうそうないだろう。


件の運転感覚で評価は下がるといっても、570Sの半分の値段で8割くらいの満足は得られるだろう。比べるなら720Sというかもしれないが、12Cで得られる興奮がせいぜい6割くらいだとしても、価格は充分な装備を付けた720Sの3分の1ちょっとくらいでしかない。

それに、ここまで述べてきた印象はどれもマクラーレンのほかのモデルとの相対的なものだということをお忘れなく。そこらの高性能車とくらべれば、性能やハンドリングはいまだにそうとう図抜けたものがあるのだ。

マクラーレンの歴史に名を遺す傑作とまでは言わないが、それでも12Cには類まれな魅力があるうえに、ついに強力なお買い得感まで身につけるにいたった。はじめてのマクラーレンは、思ったより近くにいるのかもしれない。

 
最新海外ニュース

人気記事