[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

トヨタ・カローラ・トレック 最低地上高アップ ジュネーブショー

2019.02.27

100字サマリー

トヨタが、3月にカローラの派生モデルを2車種発表します。このうちカローラ・トレックは、SUVルックにしたワゴン・モデルです。

カローラの派生モデル、3月のジュネーブ・モーターショーに

トヨタは、3月のジュネーブ・モーターショーで、カローラの派生モデルを2車種発表する。

そのうちの1台が、カローラ・トレック。カローラ・ツーリングをSUVルックにしたモデルだ。

ワゴン・ボディのみがラインナップされ、トヨタによれば「アウトドア・アクティビティを好む方々に向けたモデル」であるという。

パワートレインは、1.8ℓガソリンと2.0ℓハイブリッドを用意。いずれも最低地上高を高めるために、車高が20mm高くなっている。また前後にアンダーラン・プロテクターを搭載した。

内装は、7.0インチのインフォテインメント・スクリーンを採用し、ウッドのトリムと2トーン生地で仕立てた。

カローラ・トレックの発売は8月になると予想される。

 
最新海外ニュース