【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

新型フェラーリF8トリブート 488 GTB後継 最高出力720cv ジュネーブショー

2019.02.28

100字サマリー

新型「フェラーリF8トリブート」が、発表されました。488 GTBの後継モデルとして登場。3月のジュネーブ・モーターショーで初公開される見込みです。

もくじ

最高出力720馬力
F8トリブート:488 GTBより40kg軽量化
F8トリブート:スペック

最高出力720馬力

フェラーリは、新型車「F8トリブート」のオフィシャル画像を初公開した。跳ね馬の歴史の中で築き上げてきた2シーター・ベルリネッタの究極のモデルとして創造された、最新のミド・リアエンジン・スポーツカーだ。ネーミングには、オリジナルモデルの妥協なきエンジン・レイアウトとパワーへのオマージュが込められている。720cvという圧倒的な最高出力と、185cv/ℓという記録的な比出力を誇る。スペシャル・シリーズを除くフェラーリ史上最もパワフルなV8 だ。

40年以上の年月をかけて、最適な重量バランスを生むこのレイアウトを追求し続け、完璧なまでに磨き上げてきた。その集大成として、この史上最速かつスリリングな、そして意のままにコントロールできるスーパーカー、F8トリブートが誕生。

488 GTBの後継モデルとして全面的に見直しを図った結果、限界域での操縦性能および快適性が向上。 F8トリブートは、先代モデルより最高出力が50cv高められ、さらなる軽量化も達成。エアロダイナミック効率が10%上回るほか、最新バージョン(6.1)のサイドスリップ・アングル・コントロール・システムを搭載する。

また、ターボラグを全く感じさせることなく720cvの出力を発揮。同時に刺激的なエグゾースト・サウンドを奏でる。自然吸気エンジンに匹敵するこの瞬発力により、操縦性能も格段に向上。マネッティーノの「RACE」ポジションで最新バージョンのフェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE+)を作動させるという初の試みも、こうした走りの性能に磨きを掛けているひとつの要因だという。

 
最新海外ニュース