[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型プジョー208 内燃仕様「208 GTライン」/電気自動車「e-208 GT」 ジュネーブ

2019.03.07

100字サマリー

新型プジョー208を、ジュネーブショーの会場で撮影してきました。内燃仕様の208と、電気自動車のe-208をご覧ください。写真8枚。

CMPアーキテクチャー採用

プジョーが、ジュネーブ・モーターショーで、新型プジョー208を初公開した。AUTOCARは、電気自動車の「e-208 GT」、ガソリン仕様の「208 GTライン」を撮影してきた。8枚の実車写真をご覧いただこう。

車体構造は、DS 3クロスバックと同じCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を採用。

EVモデル(写真青)は、「e-208 GT」という車名で発表されており、最高出力136ps、最大トルク26.5kg-mを発揮。容量50kWhのバッテリーをリアシート下に配置し、航続可能距離は340kmに達するとAUTOCARに対して説明している。

1.2ℓエンジンを搭載するガソリン仕様は、76ps/100ps/130psというユニットを用意。会場には「208 GTライン(写真黄)」が展示されていた。

208 GTライン/e-208 GTともに、ブラック塗装のホイールアーチがつくことによりワイドで力強い印象になっている。

 
最新海外ニュース