[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

プジョー208のデザイン、どうしてそうなった? 担当デザイナーとQ&A

2019.02.27

100字サマリー

新型プジョー208が発表されて以来、たいへん多くのひとが注目しています。そこでAUTOCAR英国編集部は、デザインを率いたジャイルス・ビダルにインタビューを敢行。開発の裏側を覗いてみました。

もくじ

目指したのは、ありきたりではない躍動感
ほかにもデザインの選択肢があった?

目指したのは、ありきたりではない躍動感

――単刀直入な質問から。208、どう思いますか?

「基本方針は『小さくてセクシーなホットハッチをつくる』ということでした」

「ポイントは、ただそれを追い求めるのではなく、現代の解釈によって、方針を成り立たせることでしたね」

「206、207、208と見ると、いい意味でそっけないデザインであることが、おわかりになるでしょう。これは1990〜2000年代のトレンドです」

「これらをよりセクシーにしたのです。たとえば4輪の位置をご覧ください。止まっていても、今にも走り出しそうな躍動感あるデザインだと思いませんか?」

――フロントガラスの位置も、後ろに下がっていますね。

「おっしゃるとおりです。シルエットをよりスポーティなものにするための手法です」

「くわえて、ショルダー部分をきちんと張らせています。4輪もできる限り、前後に、そして外側に。フェンダー・アーチモールも同じ目的です」

「ただし、やりすぎないことが大事。そこは意識しましたね」

 
最新海外ニュース