新型マツダ3(アクセラ後継)日本発売 価格/エンジン/内装/スペックを解説

2019.05.24

新型マツダ3のインテリア

マツダ3のインテリアは、ドライバーを中心に左右対称ですべてが正対するレイアウトとし、運転に集中できる心地よい空間を作り上げたという。

シンプルな美しさを基本に、人間の感覚に素直で上質さを追求してデザインされたもので、具体的には機能、使いやすさを確保したうえでパーツの分割方法や材質の違いなどを見直し、視覚的なノイズを減らすことに留意された。またメーター照明は明るくするが他のイルミネーションは暗めにするとともに、光の質、スイッチの操作感にも拘っている。

基本的なレイアウトにも留意され、見る、操作する時のわき見の最小化が図られた。メーター部分は7インチTFT液晶が採用され、8.8インチ・サイズのセンターディスプレイは、シフトセレクター後方に配されたコマンダーで目視せずに直感的に操作することができる。

また自然な感覚で運転できるように正しいドライビングポジションの確保も追及された。骨盤を立てて座るというマツダが考える理想を追い求め、太ももを正しくサポートする座面先端のチルト調整機能を備えたシートが備わるのも拘りといえる。

インテリア・カラーはセダンではブラックのレザーとファブリックに加え、ピュアホワイト・レザーを用意。ファストバックはブラックのレザーとファブリックのほか、鮮やかさと深みのあるバーガンディが設定されている。

 
最新海外ニュース