次期アクセラ 新型マツダ3「ハイパー」仕様 AUTOCAR予想図

2019.04.15

100字サマリー

新型マツダ3「ハイパフォーマンス」仕様の予想図を、AUTOCARが描きました。これまでの取材情報をもとに、評判の腕前のイラストレーターが筆を取りました。

北米向け2.5ℓターボ搭載か

先週AUTOCARがスクープした、新型マツダ3のハイパフォーマンス仕様が検討されているというニュース。

次期アクセラの開発主査を務める別府耕太プロダクト・マネージャーが、オーストラリアで開催された新型マツダ3のローンチの場で、「ハイパー」仕様を望んでいると発言したことから取材が進められた。

これまでに得た情報からAUTOCARのイラストレーターが描いた予想図がトップの画像だ。別府主査が思い描いている

・サーキット用モデルではない
・デイリーユースを重視
・扱いやすい
・レスポンシブ
・速い

というイメージを形にしてみた。毎度評判のイラスト、その出来はいかがだろうか?

残念なことにCO2規制を考えると、新型 “ホット3” がヨーロッパの地を踏むことはないだろう。なにしろパワートレインの大本命と思われるマツダの北米向け2.5ℓターボは、欧州地区のマツダ車に現在のところ搭載されていないのだ。そして、求められる環境規制をパスすることも困難。

新型3のハイパフォーマンス仕様は、2021年までに生産化へ向けたゴーサインが出される見込みだ。実現しても、アメリカ、日本、オーストラリア市場向けのモデルとなる可能性が高い。しかし、われわれは続報を入手次第、新しいニュースをお届けしたい。

 
最新海外ニュース