ニュース

2019.09.12

ヒュンダイ45コンセプト EVデザインの方向性 新モデルC-UVの出発点

編集部より

LEDを多用し、クリーンなボディラインを実現させたプロトタイプ、ヒュンダイ45。デザインは、1970年代のコンセプトカーからインスピレーションも受けているといいます。数年以内に発売予定のEV専用モデルを示唆した、コンセプトカーです。

もくじ

45年前を振り返った新たなEV専用モデル
未来と過去を同時に見るデザイン
量産モデルも「失望させません」

45年前を振り返った新たなEV専用モデル

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

ヒュンダイが2019年のフランクフルト・モーターショーで披露した、純EVとなる45コンセプトは、かつてのコンセプトカーを振り返りつつ、近未来のクルマを指し示している。今後数年内に生産が開始されるという、純EVのC-UVのスタイリングの出発点となる可能性があるという。

「45」という数字は、韓国のヒュンダイが初めて乗用車を量産してから現在までの年数を示している。ヒュンダイ初の量産モデルは「ポニー」だが、そのベースとなったコンセプトモデルは、ジョルジェット・ジウジアーロによってデザインされたクーペだった。新しいコンセプトカーの45は、1920年代の飛行機に影響を受けたクリーンなボディラインを持つが、そのポニーともデザインのつながりを持たせているという。

ヒュンダイ45コンセプト
ヒュンダイ45コンセプト

また車名は、フロントガラスとリアガラスの傾斜角が45度であることにも呼応している。ヒュンダイのデザインチーフ、 サンギュップ・リーは、「1974年のコンセプトモデルからも影響を受けています。シンプルで、ピュアなデザインです」 と説明している。

45年前の初めての量産車のデザインを振り返るというコンセプトは、ヒュンダイが自社としては初めてとなる、EV専用の量産モデルを生み出すことを示唆している。「45とは、ヒュンダイの新しい始まりを意味しています。会社の原点を振り返ったのです」 とインテリアデザインのチーフ、ハク・スー・ハは説明する。

またヒュンダイは、EVの時代では他の自動車ブランドと対等な競争が行えると考えている。他ブランドも、EVに関してはさほど大きい歴史や伝統を持っていないためだ。「われわれはまだフォロワーですが、(EVで)リーダーになりたいと考えているのです」

 
最新海外ニュース