輸入車販売 2か月連続プラス/8月として過去最高 これって、税率アップ前の駆け込み?

2019.09.16

100字サマリー

消費税アップ前の新車販売検証、第2弾はインポートカーです。8月は単月で過去最高を記録。BMWは、ランキング2位にアップ。果たして、駆け込み需要だったのでしょうか?

もくじ

8月の外国メーカー車 販売台数クイズ
8月 BMWや中堅ブランドが健闘
価格帯別の動き
8月の車名別インポートカー新規登録台数
スーパーカーブランドは?

8月の外国メーカー車 販売台数クイズ

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

 

Q:2か月連続で前年実績超え、しかも単月で過去最高を記録した8月の外国メーカー車の新規登録台数。これって、消費税率アップ前の駆け込み需要?

首位メルセデスが前年割れするなか、BMWが前年比11%増
首位メルセデスが前年割れするなか、BMWが前年比11%増

A:駆け込み需要の可能性は低い。

JAIA関係者や輸入元のセールス担当部門は、「8月の輸入車販売がプラスを達成したのは、新型車や特別仕様車の好調なセールスが要因」「前年同月比で35%以上のプラスを記録した2014年の消費税率アップ2か月前の駆け込み需要と比べると、今回はまったく勢いがない」「目立った新型車の発売がなかったブランドはマイナス。

既存モデルの販売だけでは凌ぎ切れていない」と市場状況を解説する。また、高級車ブランドに至っては「消費税率アップを気にしているユーザーは少ない」との声もあった。

8月 BMWや中堅ブランドが健闘

日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2019年8月期の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比0.6%増の2万1489台と2か月連続でのプラス、しかも単月で過去最高を記録する。一方、日本メーカー車含では同1.5%減の2万4922台と、6か月連続でのマイナスとなった。

8月の輸入車市場の動向に関してJAIA関係者は、「8月の外国メーカー車の新車販売は、ドイツ4強のうち3ブランドがマイナスに落ち込んだものの、BMWの2ケタ増や中堅ブランドの健闘などもあって、前年同月比0.6%増の2万1489台と2か月連続での前年超え、しかも単月ベースで過去最高を達成した」と説明。

ランドローバーの8月の新車販売は前年同月比52.6%増
ランドローバーの8月の新車販売は前年同月比52.6%増

「一方、日本メーカー車は新型車効果が薄れたこともあって同12.4%減の3433台と6か月連続でのマイナスとなり、輸入車全体では同1.5%減の2万4922台と6か月連続で前年実績を下回った。クルマとしてはSUVやディーゼル、ハイブリッドの新型車が好調。特別仕様車や限定車も高い人気を集めている」

 
最新海外ニュース