ジャガーXF改良型 テスト車両を目撃 内外装に大掛かりなアップデート

2019.09.18

マイルドハイブリッドの採用は?

また、XFとFペイスの両車には、新NOx排出基準のRDE2に適合したディーゼル・エンジンも用意されるだろう。 ダーリーによれば、このエンジンを一足先に採用したXEは、2021年から導入される新排ガス規制にクラスで初めて適合したディーゼル・エンジン搭載モデルになったという。そのためには開発面で「多大な努力」を要したとダーリーは言う。

マイナーチェンジ後にXF Sが復活するかどうかは、今のところ不明だ。新型XEではスーパーチャージドV6エンジンを搭載する仕様は廃止になることが決まっており、FペイスとXFのV6ガソリンおよびディーゼル・エンジン搭載モデルは、もはや販売されていない。

2020年型ジャガーXFプロトタイプ
2020年型ジャガーXFプロトタイプ

ジャガー・ランドローバーは新開発の直列6気筒ガソリン・エンジンをレンジローバー・スポーツに採用したが、XEの6気筒エンジン搭載モデルは売れ行きが鈍いため廃止が決まった。しかし、より大型のXFには6気筒が復活する可能性も考えられる。

今回、路上で目撃されたテスト車両は、ガソリン・エンジンを搭載していることが、ナンバープレート検索から明らかになった。しかし、それにマイルドハイブリッドが採用されているかどうかは、英国運輸省のデータベースを調べるだけではわからない。ただ、ランドローバー車に採用されている48Vマイルドハイブリッドが、XFの旧式なプラットフォームに搭載されることはおそらくないだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事