[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型トヨタ・ヤリス 技術担当者に質問 ハイブリッド、どこが改善された? ガソリンは継続?

2019.10.16

100字サマリー

トヨタによれば、バッテリーやCVTの運転フィールが改善されたハイブリッドは、新型ヤリスの販売で80%を占める見込みとのことです。改善点をトヨタの技術担当者に英国版AUTOCARの記者が質問してきました。

市街地の80%は電気のみで走行可能に

トヨタのシニア・テクニカル・トレーナーを務めるステファン・ラメーカーズに、4代目となる新型ヤリスについて、AUTOCAR英国編集部のローレンス・アランが気になることを質問してみた。

――CVTを搭載したハイブリッドの「輪ゴム効果」を、新型ユニットではどのように克服したのでしょうか?

トヨタ・ヤリス
トヨタ・ヤリス

「まず、エンジン側のパワーを上げました。それと同時に、素早く発揮できるモーター側のトルクを高めたのです。そうすることでエンジンの回転を抑えつつ、より大きなEVパワーを使うことができます。運転が楽しく、力強く感じられるようになりました」

――従来よりも電気のみで走り続けることが容易になったそうですね?

「スロットルペダルを少し踏み込んだだけでは、エンジンがすぐに始動しないようにしました。だから確かに、従来よりも電気のみで走り続けることが容易になりました。計算上の数値では、電気のみで走行できる距離は最大4マイル(約6.4km)です」

「しかし、一般的な市街地走行の約80%は、エンジンを始動させずにすむと、われわれは試算しています。バッテリーの充電は減速エネルギーを回生して行います」

――ハイブリッドの販売が十分に多くなっても、ガソリン・エンジンのみを搭載するモデルの提供を続けるのですか?

「ハイブリッドに力を入れていることは確かです。しかし、お客様の中には、より安い価格のガソリン車をお求めになる方もいらっしゃいます。それでもやはり、ハイブリッドの販売目標である80%は簡単に超えるのではないかと、わたしは思っています」

「われわれは既に過去8年間で50万台のヤリス・ハイブリッドを販売してきました」

 
最新海外ニュース