【まだ出口は見えず?】アストン マーティンの苦境は続く 注視が必要

2020.03.30

デザイン変更が原因?

だが、7月23日にアストンが最新の販売と財務の状況を公表すると、こうした業績回復への期待も終わりを迎えている。

2019年4月から6月の販売台数は、英国で22%、欧州全域と中東では28%減少しており、全体では25%減となったことで、アストンの株価はわずか1日で26%も下落している。

直近に行われたデザイン変更によって、ヴァンテージの販売は期待を下回ることとなった。
直近に行われたデザイン変更によって、ヴァンテージの販売は期待を下回ることとなった。

さらに7月31日には2019年上期が7800万ポンドの赤字となったことを公表しているが、2018年上期は2100万ポンドの黒字だったのだ。

8月5日には株価は4.54ポンドまで下落し、さらに10月31日には3.99ポンドを記録している。

それでも、12月6日には株価が6.30ポンドへと回復したことで、2019年末に向け投資家の間にはある種の自信が戻って来ていた。

だが、この株価が直近のピークであり、しばらくこの水準への回復は見込めないだろう。

年初にアストンは2019年の業績速報を発表しているが、英国での販売台数が前年の1798台から1429台へと減少するとともに、大陸欧州でも1489台から1074台へとその数を減らしており、収益も9%減となった。

後にアストンCEOのアンディ・パーマーも認めているが、ヴァンテージの販売台数が目標に達しなかったのは、直近に行ったデザイン変更が原因だろうと言うのがアナリストたちの見方だった。

 
最新海外ニュース

人気記事