【EV投資2025年まで延期】億万長者ストロール アストン マーティンの株式取得 長期計画、大幅変更

2020.02.04

サマリー

カナダの億万長者ローレンス・ストロールが、アストン マーティンの一部の株式を260億円で買収しました。EVへの投資を2025年まで延期するなど、大幅な変更が加えられていくようです。

もくじ

アストン マーティンへの投資
ストロール投資後の変更点
アストン マーティンの新しい株式構成
将来の製品計画とF1にもたらす変化
リセット・ビジネス・プラン
ローレンス・ストロールについて

アストン マーティンへの投資

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

億万長者のローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムは、アストン マーティンの16.7%の株式を1億8200万ポンド(260億円)で買収した。

ロンドン証券取引所への提出によって、今朝確認されたこの取引には、3億1800万ポンド(455億円)の現金入金も含まれていて、あわせて5億ポンド(715億円)のブーストを同社に与えたこととなる。

アストン マーティンDBX
アストン マーティンDBX

ストロールが所有するレーシングポイントF1チームは、2021年以降、アストン マーティンF1ワークスチームとして新しい取引条件の下、リブランドされる。

アストンは、ハイパーカーのヴァルキリーを今年発売し、ミドエンジン・モデル戦略を継続することを約束している。

また、プレミアム・ブランドであるラゴンダの再発売を含む、EVの発売を2025年まで遅らせることを明らかにしている。

投資の一環として、ストロールは会長としてアストン マーティンの取締役会に参加し、コンソーシアムのメンバーとして、2人目の取締役を任命する権利も獲得する。

ストロール投資後の変更点

主な変更点は、以下の通り。

ローレンス・ストロールが、投資コンソーシアムをリード

アストン マーティン・ヴァルキリー
アストン マーティン・ヴァルキリー

ローレンス・ストロールが、アストン マーティンの会長に就任する

CEOのアンディ・パーマーは、留任

ジョブとコストの削減

アストン事業計画の改訂

ヴァルキリーを年内に発売後、ミッドエンジン・ヴァルハラも続けて発売

ミッドエンジン戦略を継続、2022年に発表する

ラゴンダは少なくとも2025年まで発売延期

電動ラピードEプロジェクトの中断

ストロールのレーシングポイントF1チームが、アストン マーティンとしてリブランド

 
最新海外ニュース

人気記事