【日本価格/スペック/内装】ケータハム・スーパーセブン1600発売

2020.06.05

スーパーセブン1600 内装

インテリアもエクステリア同様、レトロなテイストにあふれている。

なんといっても注目されるのは、エレガントなモトリタ製のウッドリム・ステアリングホイールだろう。ただし、これはオプションとなる。

ケータハム・スーパーセブン1600の内装。
ケータハム・スーパーセブン1600の内装。

クロームで縁取りされたスミス製のメーターが並ぶダッシュボードや、シートはもちろんのことフロアトンネルまでレザーで覆うことができ、いかにも英国のクラシックスポーツといった雰囲気を醸し出している。

ただし、ダッシュボードはブラックアルミニウムが標準。フロアトンネルもサイドはレザーだが、トップはブラックビニールとなる。

インテリアのカラーもブラックが標準だが、マルベリーレッドやアドミラルティブルーなど、オプションで6色が用意されている。

ボディカラーとコーディネートするか、ヴィヴィッドな組み合わせを選んでみるか、このあたりはオーナーの好みで分かれるポイントかもしれない。

シフトレバーやパーキングブレーキレバーのカバー、サイドパネルもオプションでインテリアと同様のレザーをチョイスすることができる。

スーパーセブン1600 シャシー

スーパーセブン1600のシャシーは、標準のシリーズ3(ナローボディ)が採用されている。

大柄なオーナーのためには、よりワイドで快適なシャシーのシリーズ5(ワイドボディ)をオプションで選ぶことができる。このシャシーでは、室内空間はもちろんトランクスペースも広がり、燃料タンク容量も増量され、ワイドトラック・サスペンションとサイドスクリーン・アームレストも備わる。

ケータハム・スーパーセブン1600。
ケータハム・スーパーセブン1600。

ちなみに、シリーズ5のシャシーを採用したスーパーセブンは、この1600が最初になるという。

サスペンション形式は、フロントがコンベンショナルなダブルウイッシュボーン式、リアがA-フレームと呼ばれるド・ディオン式。このリアサスは、ケータハムがスーパーセブンを改良していく上で採用したものだ。

ブレーキは、前後ともソリッドディスク。前述のとおり、185/60R14という最近では比較的控えめなサイズのタイヤを前後とも同サイズで履いている。

クラシカルなデザインの8本スポーク・アロイホイールのサイズは、6J×14だ。

 
最新海外ニュース

人気記事