マツダ・アテンザ・セダンXD Lパッケージ

公開 : 2015.01.08 23:57  更新 : 2017.05.29 19:13

■どんな感じ?

今回の変更では、SKYACTIV-Dに変更はない(ガソリン・エンジンのSKYACTIV-Gにも変更なし)けれど、改めて良くできたパワー・ユニットだと感じる。ディーゼル・エンジンというと、「うるさい、臭い、遅い」といった思い込みを未だに根強く感じさせる人もいるけれど、このSKYACTIV-Dに関してはまったく当てはまらない。アイドリング時によほど耳を澄ましてエンジン音を聴くのならともかく、わずかでも走り出せば前述のネガティブ要素を感じる場面は一切ない。むしろ42.8kg-mという、同排気量のガソリン・エンジンでは考えられない大トルクがもたらす加速力は唯一無二の魅力。わずか2000回転で最大トルクを発揮するという特性は、高速道路での移動の際にもエンジン回転を低く抑えることができ、結果的に少ない疲労度での長距離移動を可能にしている。

そのほかディーゼル・ターボ・ユニットのデメリットとしては、同排気量のガソリン・エンジンに比べて重量がかさむ点があげられる。細かな装備の違いはあれど、2.0ガソリン車とは90kg、2.5ガソリン車と比べても60kgほどSKYACTIV-D搭載車は重い。

しかしその重さを武器に昇華しているのも新型アテンザの注目すべきポイントで、勾配のある高速コーナーのような場所でもステアリングに伝わる情報量は決して少なくなることがない。確かな手応えで前輪が狙ったとおりのラインをなぞり、後輪は忠実にそれをトレースするというスポーツ・セダンのお手本のような挙動を示してくれる。

■「買い」か?

もとより高かった走りの質感に、今回、内外装にデザイン変更がなされたことでようやく見栄えが追いついた感のある新型アテンザ。揺るぎない審美眼を持つ人にこそ、選んでいただきたい1台だ。

(文・佐橋健太郎 写真・高橋学)

マツダ・アテンザ・セダンXD Lパッケージ

価格 3,742,200円
最高速度 NA
0-100km/h加速 NA
燃費 20.0km/ℓ
CO2排出量 129g/km
乾燥重量 1530kg
エンジン 直列4気筒2188ccターボ
最高出力 175ps/4500rpm
最大トルク 42.8kg-m/2000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

 
最新試乗記