フォード・マスタング vs BMW M235i

公開 : 2016.01.06 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

適度にタイトなコックピット、布とレザーの香り、内容の詰まっていそうな厚みのある感覚。モダンBMWのワークマンシップはいつだって正しい解をもたらしてくれることを確信する。

M1モーターウェイにクルマが多く、その後のM25環状線も息が詰まるような流れの悪さのおかげでサリー州からバーゲージ・ブリッジまで4時間もかかった。

しかし、ボディ・サイズに対して大きいエンジンを積むM235iはこともなげに歩を進めていった。なめらかで朗々としたパワー・デリバリーをたくましいツインスクロールのブロワーが手助け。

7000rpmまで引っかかりなくサクリと回る。気づけばスピードが乗ってしまうから、スピード・カメラの前で慌ててブレーキを踏むことも少なくなかった。

機械的に文句のつけようがないといっていい。

£1,685(30万円)の8速オートマティックの変速は歯切れがいい。£515(9万円)の可変Mスポーツ・サスペンションは路面の凹凸をうまくなだめている。アジリティと淡々とした安定感が光っている。ホイールベースの短さを巧みに覆い隠しているといった印象だ。

一方マスタングのボディワークは、筋肉質であることを強く主張している。18インチのアロイ・ホイールでさえ、ローラースケートの車輪のように感じるほどだ。

ただ、外観に反してインテリアはさほど大きくはない。質感は価格相応。ドライブ・モードを選ぶためのトグル・スイッチを操作するたびに、シフト・ノブに手が当たるのも辛い。

マスタングらしいテーマは引き継がれている。左右対称のダッシュボードや分厚いセンター・コンソール、存在感あるエアコンの吹き出し口がその例だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×