フォード・マスタング vs BMW M235i

公開 : 2016.01.06 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

羽毛ぶとんみたいに厚くたれこめた雲の上にいる。むこう側のオレンジ色の陽光を反射させるマスタングを見ていると、まるで映画の一幕のようだと思う。

アメリカではファストバック・スタイルはブルー・カラーを彷彿させるという考えがあるという。大型サルーンの廉価版である例が少なくないからだ。

一方のヨーロッパでは、ファストバックというカテゴリーはあまりメジャーではなく、ホットハッチに占拠されている。よって直接的なライバルを選ぶのに苦労した。

デスクにてアイデアを絞りだした末に思いついたのはBMW M235iだった。ずんぐりとしたハッチバックのスピンオフ版であり、直列6気筒ユニットはターボによる加給を受けている。

M235iの最高出力である327psという数字は、フォードに比べると100ps程度の水をあけられることを意味する。トランスミッションは8速のオートマティック。

野生馬のパワートレインは、これまでのヒストリーを踏襲し、大きなキャパシティのV8となる。内製のTi-CVT(ツイン・インディペンデント・バリアブル・カム・タイミング)はシボレー・カマロやダッジ・チャレンジャーに装着するためのものだった。

英国にて£40,000(703万円)を切る価格で410ps以上のクルマを買うことはなかなか叶わず、同等のスペックを望もうならばアストン・マーティンV8ヴァンテージのテリトリーに足を踏みいれることになる。

しかし、いざ、M235iに乗ると、パワーなどどうでもよくなるような滋味の富みように唸らされる。まるでぴたりと体にあったジーンズを履いているみたいだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事