トヨタ・プロエース・ヴァーソがジュネーブでデビュー

公開 : 2016.02.24 21:50  更新 : 2017.06.01 01:37

トヨタは商用ワンボックスをベースとしたMPVであるプロエース・ヴァーソをジュネーブ・モーターショーで公開する。

ベースとなるのは、トヨタとPSAが共同で開発しているもので、シトロエンではスペースツアラー、プジョーではトラベラーと呼ばれるもの。3つのボディ・サイズを持ち、9人乗りも設定される。

トヨタはこのMPV市場での最大のシート数はプリウスαの7人乗りで、これまで9人乗りの設定がない。

プロエース・ヴァーソに関しての詳細は明らかにされていないが、エンジンはトヨタの143psの2.0D-4Dが使用されると思われる。プジョー・シトロエンの2.0ℓブルーHDi150やブルーHDi180は使用しない模様。

もちろん、ハイブリッドが得意なトヨタとしては、このプロエースにハイブリッドが搭載される可能性も高いが、これについてはトヨタから言質をとることはできなかった。

関連テーマ