ケータハム620S

公開 : 2016.04.29 23:50  更新 : 2017.05.29 18:33

■特徴

“ロールケージはあなたの体を守るためだけにあるわけではない。週末のドライブにて、荷物を吊りさげることができる画期的な機構であることが判明した” ― マット・プライヤー (ロードテストエディター)

ケータハム・セブンのデザインについて語ることは、家のバス・タブについて語るようなもの。4つの車輪とエンジンがつくことを除いては……。

基本的にはコーリン・チャプマンが制作した ‘ロータス・オースティン’ から変わっていない。すべてのパッケージがミニマムであるというのも同じである。

テスト車の重量である650kgの大半を占めるのが2.0ℓのフォード・デュラテック・エンジン。314ps/7700rpm、30.3kg-m/7350rpmを発揮する。

620Rが使用する6速のシーケンシャル・ギアボックスの代わりにオールド・ファッションな5速マニュアルを使用。LSDを装着している。

いかがだろうか? ごくごくシンプルなのである。

■インテリア

“色のチョイスは慎重に。場合によっては美しさを保ちやすい” ― ニック・カケット(ロードテスター)

相変わらずの殺伐としたインテリア。好きor嫌い、のまっぷたつにわかれるはずであり、少なくとも静粛性/スペース/快適性とは無縁の世界である。

ただし、ステアリング/ギアノブ/ハンドブレーキ/いくつかのトグル/ヒーターはちゃんとある。これさえあればセブンのカスタマーは満足できる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事