ケータハム620S

公開 : 2016.04.29 23:50  更新 : 2017.05.29 18:33

本気で620Sに夢中になったのであれば、日常的な環境も気にならないのではないか。同時に気にならなくなるだけの魅力もあることを保証する。

620Sの購入をシリアスに考えている私の場合、13インチ・アロイ・ホイールとヒーターつきカーボン・シート、13インチのアロイ・ホイールを選ぶだろう。別の言い方をすれば、それ以外のものは必要ない。

■「買い」か?

“楽しさとユーザビリティの両立。620Sの魅力はこれに尽きる” ― マット・プライヤー (ロードテストエディター)

Good:パフォーマンス、ハンドリング、軽量小型車にしては高い実用性
Bad:幌の開閉の煩雑さ、ドア設置時の扱いづらさ、ホイールはもっと小径でもいい、

620Sの価格は、その用途の幅の小ささと相まって決して安いものではない。よって決断には、熱狂的なファンであることと、割り切りが求められるだろう。

対する620Sの魅力は、サーキット走行だけではなく、広い環境で楽しめる(=楽しめる範囲が広い)という部分だと確信している。

あとは、あなたが620Sの価格を笑い飛ばせることができるかどうかを祈るのみだ。

アリエル・ノマドやモーガン3ホイーラーだって、620Sに尊敬の眼差しを向けるはずである。われわれは、620SをAUTOCARのランキングのなかでトップ5に入れたいと思っている。



▶ 海外初試乗 / ケータハム・セブン620S
▶ 海外初試乗 / ケータハム 620R vs 160
▶ 海外ニュース / ケータハム620Sをラインナップに追加

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事