ケータハム620S

公開 : 2016.04.29 23:50  更新 : 2017.05.29 18:33

カーボンファイバーのダッシュボード・レイアウトをはじめとする主要パーツは620Rと共通。これはサーキットにフォーカスするということを意味する。

テスト車にはヒーターつきシートが組みあわされる。620Rの薄いシートに比べると、座り心地がいい。やはりフロント・ウインドウのありがたみも感じる。

オプションではあるが、ビニール・ドアや幌も加わる。このおかげで車中は幾分快適にはなる。しかしながら、視界は遮られるといったトレードオフもある。またミラーはフェンダー上に設置されるため、パッセンジャーの助けがないと調整しづらい。

ただ、620Sのオーナーが快適性を最優先するとは考えられない。よって、大きな問題とはいえないだろう。

■パフォーマンス

“キャビンの中からリア・タイヤをチェックしようとすると、必然的に顔がエグゾースト・パイプに近づくことになる。あまりおすすめはしない” ― マット・プライヤー (ロードテストエディター)

2.0ℓのフォード製デュラテック・エンジンに対して、スーパーチャージャーは的確に組みこまれている。相性のよささえ感じられる。

それゆえ、スロットル・レスポンスに不満を感じない。リニアでポジティブだ。右足を強く踏みこめば、気持よく回転が高まっていくのもいい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事