アウディRS Q3パフォーマンス

公開 : 2016.04.15 23:40  更新 : 2017.05.29 18:14

しかし、サウンドは無意識にコーナリング・スピードを高める。その際のボディ・バランスも典型的なRSのそれだ。トラクションもあり余るほどである。

ただ、ここでも残念なのはドライ路面でもスロットル操作による繊細な調整ができない点だ。

さらにもっとプッシュすると、ESPをオフにしているにもかかわらず、安全第一のアンダーステアが目立つ。

経験的にはウェット路の方が、楽しめる頻度は増すが、すべてのスイッチをオフにしても ‘期待するとおりの挙動のしやすさ’ とは、ほど遠いものであった。

ではRS Q3の得意とするところは何か? それは中毒性のある加速力と、日常域のユーザビリティの高さだ。

可変ダンパーを組みあわせているわけではないが、ボディ・コントロールの行いやすさと、日常の快適性を見事に両立している。簡単にスピードが得られるのである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事