メルセデス初のSUVクーペ、GLEクーペを発売

2016.04.27

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツGLEクーペを発表し、本日より受注開始した。

SUVクーペは、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムに、SUVらしい存在感と利便性を加えたモデル。GLEクーペは、クーペスタイルでありながら後席は大人が快適に過ごせる空間を確保し、リアシートを起こした状態でゴルフバック3つを積載できるラゲッジを備えている。

ラインアップは、クリーンディーゼル・モデルのGLE350d 4マティック・クーペ、同スポーツ・クーペと、V6エンジン搭載のメルセデス-AMG GLE43 4マティック・クーペ、トップパフォーマンスのメルセデス-AMG GLE63 S 4マティック・クーペという4車種構成。

GLEクーペのデザインは、筋肉のようなフェンダー、大きなホイールアーチ、高いベルトライン、余裕ある地上高を特徴としている。

インテリアは、スポーティなシートとステアリングホイール、最新のテレマティックス・システムを搭載。一部をインストゥルメントパネルに一体化したCOMANDディスプレイは、ドライバーの視線移動を最小限に留める。

また、クーペにもかかわらず、大人が快適に過ごせる後席スペースとともに、最大1720ℓのラゲッジスペースも備えている。

クリーンディーゼル・モデルは、3.0ℓV型6気筒BlueTECエンジンが最高出力258ps/最大63.2kg-mを発揮。排出ガスに尿素水溶液「AdBlue®」を噴射する尿素SCRディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC(ブルーテック)」を採用し、日本のディーゼル排出ガス規制に適合。

また、可変エンジンマウントを採用することで、静粛性と低振動性を優れたものにしている。さらに、メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC」を組み合わせている。

メルセデス-AMG GLE43 4マティック・クーペは、367ps、53.0kg-mを発揮し、0-100km/h加速5.7秒というパフォーマンスを実現。四輪駆動システムは、AMG4マティックを搭載し、9G-トロニックと組み合わされる。

標準装備のエアマティック・サスペンションは、走行状況に合わせて四輪各輪を電子制御する連続可変ダンピングシステムとの組み合わせで、快適な乗り心地とダイナミックな走行性能を高いレベルで両立。高速走行時または「Sport」や「Sport+」モードでは車高を下げて走行安定性を向上させる。

GLE 63S 4マティック・クーペの5.5ℓV8直噴ツインターボ・エンジンは、メルセデス-AMGによる開発。エンジンの専用チューニングが施され、最高出力585ps、最大トルク77.5kg-mを発揮。専用セッティングの四輪駆動システムのAMG 4マティック、AMG専用に最適化し操縦安定性と快適性を両立したエアサスペンション、AMGライド・コントロール・スポーツサスペンション、コーナリングのロールを抑え走行安定性を向上させるアクティブ・カーブ・システムなど、頂点に相応しい最新テクノロジーを採用した。

また全モデルに、ダイナミックセレクト、レーダーセーフティパッケージを標準装備している。

価格は、8,900,000円から17,800,000円。なお、発売は本年8月頃を予定。


▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツGLE 350d 4マティック・クーペ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース