ダイハツ・シグラをインドネシアで発売

2016.08.02

ダイハツのインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーターは、インドネシア専用の多MPV、シグラを8月2日にインドネシアで発売した。

シグラは、ダイハツが日本で培った軽自動車の技術やノウハウを展開し、多人数乗車や多くの荷物を積む点など、現地で求められるニーズを反映した、7人乗りAセグメントMPVで、トヨタへのOEM供給も実施するという。

プラットフォームは、アイラと共通のグローバルAセグメント・プラットフォームを使用。エンジンはダイハツがアセアン向け次世代エンジンと位置づける1.2ℓのNRエンジンと、1.0ℓのKRエンジンの2種類。

パッケージは、室内空間を最大限に有効活用する技術とノウハウを生かしているという。

なお、車名のシグラとは、サンスクリット語で「反応がすばやい」といった意味だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事