トヨタがWRCに復帰、マイクロソフトとのコラボ・マシンを公開

公開 : 2016.09.29 17:25  更新 : 2017.06.01 00:40

トヨタはWRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)に復帰することを宣言、ヤリス(日本名:ヴィッツ)のWRCマシンをパリで公開した。

ボディ・サイドにマイクロソフトのロゴがあるのは、技術面でパートナーシップを組んでいるから。CEOの豊田章男は「最後にWRCを戦って17年が経ちました。もう十分に休んだといえるでしょう。ようやく復帰するときがきました」と語った。

2017年のWRCは、1月のモンテ・カルロが初戦。パワーやエアロに関する規制がレギュレーション変更によって自由度を増したため、これまで以上の迫力になることが予想される。

マイクロソフトのほかに、ミシュラン、DMG森精機株式会社、パナソニックからもサポートを受ける。



▶ 2016 パリ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事