スコダ・コディアック、欧州導入へ

公開 : 2016.11.17 03:40  更新 : 2017.06.01 00:34

スコダのベルンハルト・マイアー社長は、次世代型スコダ・コディアックが欧州導入の可能性があることを示唆した。

このクーペ・モデルは現在開発中であるが未だ公開はされていない。当初は中国向け専用モデルを予定していたが、新興国向け車両の存在が、ヨーロッパにおけるブランド・イメージ低下をまねく懸念があったという。

しかしながら、スタンダードなスコダ・コディアックが好評なうえ、ブランド知名度の向上という目的も重なり、マイアーが再考を推し進めた。

「好ましいニュースとしては、マーケットがこのモデルを求めているということです。一方で好ましくないニュ―スもあります。それは、チェコにあるわれわれの工場はすでに24時間体制で生産を続けているものの、供給不足がすでに始まっていることです」

これゆえ同社は中国における生産も選択肢にあげているが、その場合はロジスティック面の問題が生じてしまう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×