ホンダ、北米10代目の新型アコード発表 2017年秋発売 エンジンは1.5ℓ〜

公開 : 2017.07.17 14:30

パワートレイン/安全装備の充実度は?

北米アコードのポイント3:パワートレイン

パワートレインは、1.5ℓと2.0ℓの2種類の直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンに加え、第3世代となるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD」を用意。

2.0ℓ直噴ターボエンジンには独自に開発した10速オートマティックを組み合わせ、高い静粛性と燃費性能、V6 3.5ℓエンジンを凌駕するトルクを備えた次世代のパワートレインとホンダは表現する。

ハイブリッドシステムは、よりコンパクトになった「インテリジェント・パワー・ユニット(IPU)」を後席フロア下に搭載することで、ガソリン車と変わらないトランクスペースと6:4の後席分割可倒を実現。

北米アコードのポイント4:「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」はアコード全グレードに採用

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」は全グレードに標準装備。

渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)、標識認識機能などを含む。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事