2代目アウディQ5、国内発売 2.0 TFSIが標準 「売れ線」継続目指す

公開 : 2017.09.20 14:26  更新 : 2017.09.20 14:27

2代目Q5 安全装備も拡充

テクノロジーの面では、歩行者検知機能付き衝突軽減システムである「アウディプレセンスシティ」などの先進的な予防安全システムにくわえ、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備(「トラフィックジャムアシスト」付きは、2017年12月に導入予定。)。

また、デジタル多目的ディスプレイの「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などが、Q5シリーズでは初めて設定される。

全モデルに搭載される4WDのquattroも、予測的な制御を行う新しいシステムを採用することで、実走行での燃費効率を高めている。

新型Q5では、最新のコネクティビディ機能も搭載された。MMIタッチナビゲーションを介して、「アウディ・コネクト」によるインターネットからの情報サービスや、Wi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備している。

今年から搭載が始まった「セーフティ&サービス」も搭載され、
・アウディSOSコール
・アウディ・オンラインロードサイド・アシスタンス
・アウディ・メンテナンスリクエスト
・myCar Manager
の4つの機能を提供する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×