クーペ・フィアット誕生秘話 デザイナー、クリス・バングル独占取材

公開 : 2017.10.08 10:40  更新 : 2021.01.30 21:48

「ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー」

カムテールは、このクルマの特徴となる要素だが、実は最初からデザインされたものではなく開発後期になって変更したものだという。

「ポップアップスポイラーを装備した丸みのあるリアの造作に熱心に取り組んでいましたが、コストが掛かりすぎるという問題があったのです。またネヴィオ・ディ・ジュストから、風洞テストでまともなエアロダイナミクスの得られる丸みのあるリアを考えてくるか、この件を無かったことにするか、どちらかを選べと言われました。それでじっくり考えて、リアを角張らせることにしたのです」

几帳面を絵に描いたようなメソジスト派の神父のようにこの仕事を歩んできたバングルは、自分の信念を貫くために並々ならぬ努力を重ねた。細部の装飾に徹底的に凝るのがフィアットの特徴だ。

「ピラーに配置されたドアハンドルやミラーは、当時としては最もエレガントなデザインのひとつで、これをデザインする作業は楽しかったです。当時は、エンジニアに話を持っていく前に、デザインコンセプトが使い物になるかどうかを調べる作業も全てわたしが自分でやらなければならなかったのです。9Hの鉛筆で本当に沢山の図面を書きましたよ」

「燃料キャップのデザインは、ある日の晩、現在はフォードのデザイン担当取締役であるモーレイ・カラムと一緒に『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』を見ていた時に思いついたんです。ふたりともこの映画に出てくる1968年型ダッジ・チャージャーに魅了されていたんですね。このクルマのむき出しのレーシング用フューエルキャップが映し出されるシーンが何度かあります。これは格好が良いと思いましたね」

「ふたりともそれぞれのスタジオに戻って、このコンセプトを再現しようとしました。自分は、クイックリリース方式のキャップを参考にしてデザインしたのですが、経営陣があっさりとそのデザインにOKを出してくれたのには驚きました」

「しかし、クラムシェルボンネットは論争の的になりました。シートメタルのサイズが限界ギリギリだったというのがその理由です。ボンネットでひとつだけ残念なのは、前開きにするという自分のアイデアが量産車に活かされなかったことですね」

ボンネットについて語るなら、当然、あの個性的なヘッドライトにも触れないわけにはいかない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事