クーペ・フィアット誕生秘話 デザイナー、クリス・バングル独占取材

公開 : 2017.10.08 10:40  更新 : 2021.01.30 21:48

サインを貰いたくなるような量産車

ヘッドライトは、バングルのお気に入りの特徴のひとつだ。「2灯並列にしたデザインは、思い出してみれば、神の最高の作品を盗んだようなものですよ。メカのためにヘッドライトの位置がどんどん高くなっていましたから。どうにか収めるためにはリトラクタブルにするか、ボンネットとウイングラインを持ち上げるかしかなかったのです」

「全体のフォルムの割にホイールが小さすぎるというデザイン面の弱点があったので、フロントを視覚的に大きく、重くする選択肢はあり得ませんでした。一方、リトラクタブルライトは非常に高価です。そのため必要に迫らせてこれをデザインしました。平坦な角度のカバーでウォッシャースプレーが作動するようにするのに少し手間取りましたよ。最初見た時には、効果があるとは思えなかったのです。このクルマを初めてフィアットのトップエンジニアに見せた時、彼らはちゃんと見ようとさえしてくれなかったことを思い出しますね。エンジニアはあざ笑うかのように『このヘッドライトをどうやってクリーニングするつもりだ』と言いました。それを聞いた上司のエルマーノ・クレソーニが駆けつけてきて、こう言ったのです。『愛情を込めてだよ、エンジニアの皆さん。愛情を込めてね。アモーレ! アモーレ!』」

発売されてすでに23年になるが、バングルは今でもクーペ・フィアットに「愛情」を抱いているのだろうか。彼はこう言う。「街で走っているのを見掛けると、必ず当時を振り返ってしまいます。選ばれ、このクルマの誕生に関わることができて光栄でした」

「このクルマは、わたしがこれまでしてきた全てのことに間接的な影響を及ぼしています。というのも、自分にとっても本当に意外な勝利だったからです。BMWに移ったため、誕生前にプロジェクトから離れなければならなかったのは断腸の思いでしたが、開発やプリエンジニアリング作業の多くを手掛けたこのクルマが、わたしをデザイナーとして成長させてくれたといっても過言ではありません」

クラブのミーティングに出て、フィアットのファンに出逢うのがとても楽しいです。皆、わたし達に会うために妻や子供をこのクルマに乗せて15時間もドライブするのをなんとも思わない、情熱的な本当のファンですね。たいてい、帰る前に子供がサインを貰いに来るか、クルマにサインをしますが、両方のこともありますよ」

ティーポ175がいかに印象的なクルマか良くわかる。発売当時は意見が分かれたかもしれないが、デザイナーのサインを貰いたくなるような量産車はほかにそう多くない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×