ラゴンダ・ビジョン・コンセプト ワイヤレス充電15分のEVサルーン ジュネーブ

公開 : 2018.03.06 23:59  更新 : 2018.03.07 01:16

アストン マーティンは、「ラゴンダ・ビジョン・コンセプト」を発表しました。外観も内装も、どんなブランドとも異なる独自の世界観。24枚の画像でレポートします。ロールス、ベントレーのライバルとなりえるのでしょうか?

ラゴンダ 114年目の再出発

アストン マーティンは、ラゴンダ・ブランドの再出発を告げる「ラゴンダ・ビジョン・コンセプト」を発表した。

114年の歴史を誇るラゴンダは今後、ハイテク・ラグジュアリー志向のメーカーとして、独自の道を歩んでいくようだ。

今回発表されたのは、ロールス・ロイス・ファントムの対抗車種となるEVサルーンだ。

ラゴンダ・ビジョン・コンセプト 

しかし、ロールスとベントレーが “旧き良きラグジュアリー” を標榜するのに対し、ラゴンダは伝統的に、未来的なオルタナティブという性格が強い。彼らが目指すところは、エレクトリックカーならではの広大なインテリア、無音に近いゼロ・エミッション・ドライブトレイン、こうした要素をあわせ持つ史上初となるラグジュアリー・メーカーなのだ。

それを実現するためにアストンが選んだパートナーは、名前も明かされていないシリコン・バレーのテクノロジー・カンパニーである。

そして、エレクトリックカー専用のアーキテクチャーに、1台1台をハンドビルドで製造するというのだから、アストンとの比較にかかわらず、自動車メーカーとしても異例のスタンスを取っていると言えよう。

ラゴンダ・ビジョン・コンセプト 

バッテリーはフロアにマウントされ、2基のモーターに電力を供給。4輪駆動ながら、すべての車輪に対して0%〜100%のトルク配分が可能だという。

ワイヤレス充電にも対応し、バッテリーの目標性能は、
・15分で満充電
・航続可能距離:645km
と発表されている。

さらにはレベル4の自動運転に対応するアーキテクチャーも採用しているという。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ラゴンダ・ビジョン・コンセプト』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事