BMW「iNext」 EVかつレベル3.5の自動運転 2021年〜生産

2018.05.21

サマリー

BMWは「iNext」というコンセプトカーのプレビュー画像を公開しました。完全電動で500km以上の航続距離を持ち、レベル3.5の自動運転を実現するといいます。BMWはこれをテクノロジーのフラッグシップと位置付けており、多くの最新技術が投入されます。

もくじ

BMWテクノロジーのフラッグシップ
レベル3.5の自動運転を実現

BMWテクノロジーのフラッグシップ

BMWは完全に自動化されたiNextというコンセプトカーを今年後半に発表する。ディンゴルフィン工場で2021年から生産開始予定だ。

BMWグループの年次総会で、担当するハラルド・クリューガーがこの発表を行った。細部を省略した簡素なプレビュー画像が公開されたが、長いルーフラインと張り出したホイールアーチから、このクルマがSUVであることがわかる。ガラス部分の造形やキドニーグリルのモチーフなどからは、昨年のフランクフルトショーで公開されたiビジョン・ダイナミクス・コンセプトの面影が感じられる。

iNextはBMWのテクノロジーにおけるフラッグシップと位置付けられている。したがって、最新のパワートレインや自動運転技術はもちろんのこと、インフォテインメントシステムやインテリアにも注目が集まる。

クリューガーは語る。「このiNextプロジェクトはわれわれの将来を築くものです。これにより会社やブランド全体が恩恵を受けるでしょう。今回初めて将来的に鍵となるすべての技術を1台のクルマに詰め込みました。iNextは完全に電動で、完全に接続され、運転は高度に自動化されています」

 

人気記事