新型ベントレー・コンチネンタルGT W12搭載の3代目、先代から大幅進化

公開 : 2018.05.31 10:50  更新 : 2018.05.31 10:52

インテリアも劇的に変化

最新のLEDマトリクス技術によるヘッドランプ、テールパイプのシルエットとも巧みなマッチングを見せる楕円形のテールランプ。スタンダードで21インチ、オプションでは22インチの選択も可能なホイールも、いかにもフットワークの力強さを象徴しているかのようだ。

インテリアは、さらに劇的に変化した。センターコンソールを中心に、そこから長い翼が広がるかのように左右のドアにまでシームレスに連続するラインは、新型コンチネンタルGTのインテリアデザインでは、まさに最大の見どころともいえるもの。

スイス製の最高級自動巻き腕時計の地板から着想を得たという装飾や、ダイヤモンド・イン・ダイヤモンドと呼ばれる新デザインのキルティングなど、世界最高品質の素材を用いたラグジュアリーの演出にも、確かに新たな時代が訪れている。

デジタル化されたメーターパネル、そしてセンターコンソールの上部に装備されるローディングディスプレイも見逃せないポイントだ。走行中には12.3インチサイズのデジタルMMIディスプレイや、3個のアナログメーターがシンプルにレイアウトされるアナログディスプレイ、そしてエンジンをオフすればシンプルなウッドパネルが表れるというこのディスプレイは、その最新の機能とともにカスタマーの心を大いに刺激することになるだろう。

前作では、シリーズ途中にV型8気筒モデルを追加設定したコンチネンタルGTだが、新型はまず、6ℓのW型12気筒ツインターボエンジンを搭載したモデルのみで、セールスをスタートすることになる。

関連テーマ

 
最新試乗記