海外試乗

2017.12.04

ベントレー・コンチネンタルGT 2018年モデル 海外初試乗

ベントレー・コンチネンタルGT

テスト日 : 2017年12月01日

価格 : 156700ポンド(2385万円)

文・マット・プライヤー 

[編集部より]

全く新しく生まれ変わったコンチネンタルGTは、そのDNAの多くをポルシェ・パナメーラと共有します。イギリス中部のクルーに位置するベントレー本社のエンジニアは、ポルシェ製の素材から真のベントレーとして仕立てることはできたのでしょうか?

もくじ

新ラグジュアリークーペ、登場
注目したいアーキテクチャについて
12気筒エンジンを載せるメリット
重量は、エンジニアを泣かせる
重量が時にメリットになることも
48Vシステムの有利な点とは
ベントレーの「スポーティネス」は健在
番外編1 4WDのトルク配分とタイヤサイズ
番外編2 GTCコンバーチブルも間もなく登場
ベントレー・コンチネンタルのスペック

新ラグジュアリークーペ、登場

急転直下、ヴォルフガング・デュルハイマーがベントレーの代表に就任したことは、かなり理にかなったことだった。

デュルハイマーはフォルクスワーゲン・グループの中でも最も優れた技術者であり、経営者のひとり。ポルシェが大きな成功を収めた初代パナメーラの発表時、研究開発部門のトップだったことは記憶に新しい。

そして彼はベントレーに移籍し、最新のポルシェ・パナメーラと同じアーキテクチャをベースとした新しいコンチネンタルGTを生み出した。

デュルハイマーから影響を受けたひとびとが、このクルマの開発において、大きく関与したことは想像に難くない。

新型のコンチネンタルGTの定員は従前と同じ2+2となり、間もなく発表される。この初試乗記が記事になっている以上、間違いない情報だ。

早速この準備が整った、W12エンジンを搭載する15万ポンド(2266万円)のラグジュアリー・クーペを試乗してみたい。生産が正式に開始されるまでの4カ月間で、ソフトウエアと室内トリム、ハードウエアの設定変更や仕上げがまだ残っているようだが。

next page注目したいアーキテクチャについて

すべての画像をみる

 
最新初試乗