市販化を示唆 日産GT-R50 by イタルデザイン 1億円超えを想定

公開 : 2018.07.09 14:30  更新 : 2018.07.09 15:46

日産が、「GT-R50 by イタルデザイン」の市販化を示唆しました! 「将来的に台数限定で生産する可能性があります」という公式発表がありました。台数は50台以下で、イタルデザインが製造。想定価格も明らかに!

50台以下の可能性 価格は?

日産とイタルデザインは、「GT-R50 by イタルデザイン」を7月12日に一般公開することを発表した。

英国チェスターで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、世界へ向けてデビューするというのだ。

そして、驚くことに、「将来的に台数限定で生産する可能性があります」と市販化を示唆した。

日産によれば、同プロトタイプは、グッドウッドを皮切りに今後数カ月の間に世界各地で披露する予定であるという。そのうえで、カスタマーから創意を得た車両を限定生産する可能性があると明かした。

その場合には、50台以下の車両が顧客の好みにあわせて仕立てられ、イタルデザインが生産することになる。想定価格は、おおむね90万ユーロ(1億1688万円)とアナウンスされている。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『市販化を示唆 日産GT-R50 by イタルデザイン』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事