【世界的な人気が止まらない】日産スカイラインGT-R(R34) 中古車の購入 故障の注意点/英国相場は

公開 : 2020.05.23 08:50

20世紀から21世紀へと移り変わるタイミングで誕生した、R34型スカイラインGT-R。世界的に人気は上昇傾向にあり、近年は驚くほどの高値で取引されています。英国編集部は、この中古のゴジラをどう見ているのでしょうか。

今でも見間違えない個性を放つ

text:John Evans(ジョン・エバンス)
translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
ある年齢層のクルマ好きの場合、R34型の日産スカイラインGT-Rは、お馴染みの存在だろう。ビデオゲームの中では、自由に改造できるGT-Rを所有できた。映画ワイルド・スピードでは、ポールウォーカーがニトロで武装したストリートレーサーを振り回した。

でも現実世界では、ゲームのように簡単には手に入らない。オリジナル状態に近い、丁寧に維持されてきたGT-Rには、かなりの金額が付いている。

日産スカイラインGT-R(R34・英国仕様)
日産スカイラインGT-R(R34・英国仕様)

1999年から2002年に製造された、R34 GT-R。タワーのようにそびえる大きなウイングや、派手なステッカーでドレスアップしている姿が思い浮かぶかもしれない。ショーやレース目的で、見るに耐えないほどの大改造が施されているクルマも少なくない。

たとえ大きなモディファイを受けていても、ひと目見ただけでGT-Rだとわかる姿も特徴。エンジンルームとキャビン、トランクに別れた3ボックスのシルエットは、今でも見間違えない個性を放つ。

同時期の初代ホンダNSXやA80型のトヨタ・スープラ、FD型マツダRX-7などのライバルと並んでも、際立つデザインだった。

5代目のスカイラインGT-Rは、R34型と呼ばれた。こちらも伝説的な存在となっている、先代のR33型GT-Rを大幅に進化させたモデルだといえる。

オーバーハングは短くなり、空力特性は向上。インテリアも先代から一新され、マルチメーターを兼ねる5.8インチの液晶モニターが装備された。エンジンカバーはキャンディレッドに塗られている。

ニュルブルクリンクで開発された高性能

BR26型の直列6気筒エンジンは、基本的にR33型からのキャリーオーバー。ギャレット製のツインターボで加給し、英国仕様では329psと39.8kg-mを発揮した。パワーは6速MTを介し、四輪へと伝えられる。

当時のクルマとしては重めの1600kg近い車重にも関わらず、0-100km/h加速は約5秒で、最高速度は249km/h。ドイツのニュルブルクリンクでは、ジャガーやアストン マーティン、ポルシェなどに、綺麗な丸目4灯のテールを見せつける性能を誇った。

日産スカイラインGT-R(R34・英国仕様)
日産スカイラインGT-R(R34・英国仕様)

実際、グリーンヘルと呼ばれたニュルブルクリンクは、R34 GT-Rの開発で重要な役割を果たしている。2002年には、限定モデルのNur(ニュル)もリリースされた。

このニュル仕様のGT-Rは、1000台以上が製造されている。大型化されたターボに金色に塗られたカムカバーを備え、エキゾーストマニホールドなどは、N1と呼ばれた耐久レース仕様。スピードメーターは300km/hまで目盛りが振られた。

思わずそそられるニュル仕様だが、もはや簡単に買える金額ではない。この記事を執筆時、英国で見つけた2台はどちらも12万ポンド(1596万円)の値段が付いていた。

堅実に中古車を選びたいなら、近年日本から輸入されたGT-Rを探すのが良い。ノーマルに近い状態で、取引価格は6万ポンド(798万円)前後だ。ただし英国では流通量も限られる。

日本からの、輸入代行サービスを利用する方法もある。輸送代や保険料を考慮しても、数千ポンド(数十万円)は節約できるだろう。

日本からのクルマは右ハンドル車だという点は、英国人にとっては嬉しい事実ではある。しかし英国以上に、日本で現存するオリジナル状態のGT-Rは、数が少ないのだった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事