海外試乗

2018.07.09

アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ プロトタイプ助手席試乗

アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ・プロトタイプ

編集部より

先日発表されたアストン マーティンの新しいフラッグシップ「DBSスーパーレジェーラ」のプロトタイプの助手席に試乗しました。DB11よりも117ps上乗せしながら70kgの軽量化を果たし、GTとスポーツカーの中間的な性格を持つクルマのようです。

もくじ

偽装の残るプロトタイプ
DB11とヴァンテージの中間的味付け
DB11よりハイパワーかつ軽量化
細部まで抜かりなくファインチューン

偽装の残るプロトタイプ

他のすばらしいプロトタイプと同様、DBSには厳重な偽装が施されていた。エンジニアたちがそのルックスを隠そうと、テープの切れ端も残されている。通常の広報車は徹底的に磨き上げられているのが普通だが、このテストカーは非常に乱雑だ。

しかし、わたしもドライバーでチーフエンジニアのマット・ベッカーも全く気にかけていない。わずか1分前、わたしは「アストン マーティン」と入力しようとして「ロータス」と打ってしまった。ベッカーについて書こうとするといつもそうだ。わたしが彼と初めて会ったのは23年前、初代エリーゼに助手席試乗したときのことであった。

2015年以来、彼はアストン マーティンで働いている。DBSがヴァンキッシュの後継であることはよく知られた事実だ。だからといって、ベッカーが「より優れたヴァンキッシュ」を作ったわけではない。

「DBSの位置付けは、ヴァンキッシュよりもスポーティで過激なモデルです。これはパフォーマンスについてだけではありません。ヴァンキッシュSとDB9の関係は、DB11とDBSほどの差はありません。このクルマはスーパーカーGTであり、DB11のような純粋なGTと、ヴァンテージのようなスポーツカーの中間に位置します」

next pageDB11とヴァンテージの中間的味付け

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ