3月のスバルの国内販売数、前年同月比90.0%

2013.04.24

富士重工業は、 3月の国内生産、海外生産、国内販売、輸出台数を発表した。

国内生産台数:55,800台 (前年同月比118.5%)
海外生産台数:16,694台 (前年同月比91.8%)
総生産台数 :72,494台 (前年同月比111.1%)

国内販売台数:24,629台 (前年同月比80.6%)

輸出合計台数:35,093台 (前年同月比110.3%)

国内生産の登録車は、インプレッサ、新型フォレスターの販売が好調なことにより単月として過去最高の台数で18ヶ月連続前年超えとなった。国内生産合計は3ヶ月連続で軽自動車生産台数を含む前年実績を超えた。海外生産は、前年が在庫不足を充足する為に極めて高い操業が続いていたことから、7ヶ月連続で前年割れとなった。合計では単月として過去最高の台数で3ヶ月連続前年超えとなった。

登録車はインプレッサ、新型フォレスターの販売が好調に推移したことにより10ヶ月連続で前年超えとなったが、軽自動車は10ヶ月連続で前年割れとなった。合計では4ヶ月連続で前年割れとなった。

完成車の輸出は、主要市場でインプレッサの販売が好調なことによる輸出増加と北米向け新型フォレスターの輸出が本格化したことにより2ヶ月連続で前年同期を上回った。

関連テーマ

 
最新国内ニュース