クラリオンを傘下に 仏フォルシア(Faurecia)とは?

公開 : 2019.04.15 14:10  更新 : 2021.03.05 21:28

クラリオンは技術者集団」

クラリオンといえば、われわれの目には音響機器やカーAVのイメージが圧倒的に強い。しかし、この数年、モーターショーのクラリオン・ブースを訪れているヒトなら、目玉の展示が新世代コクピット・コンセプトだったことに気づいているだろう。また、発表される新テクノロジーは自動駐車などのADAS関連が目立っていた。

フォルシアのコラーCEOは、フランスとドイツの市民権を持ち、グローバルな視点でダイナミックな判断ができる人物である。自動車業界の変革の本質を見抜くことに長けている。

クラリオンのDNAを「技術者集団」と見極め、イノベーションに情熱を持つ人間の集まりを傘下に収めたいと考えたのだ。

コラーCEOは、近年のクラリオンが「川端さん(旧クラリオン取締役社長:FCEのエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントに就任)のリーダシップのもと変革を始めていて、低速度域のADASが従来の事業に加わった」ことに注目していた。

「クラリオンは低迷していった純粋なオーディオシステムのメーカーから、新しい自動車業界の一員として成長する難しい移行期にあった。わたし達が買収することで、彼らがもともと強かったイノベーションの力をさらに強化し、新しい製品をカスタマーに提供していける」と買収の理由を語った。

そしてクラリオンを傘下に収めるメリットとして、3つの具体例を示した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×