ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

自動運転車の歴史 1920年代から現在まで 前編

2019.03.09

100字サマリー

100年近くにわたり、研究者たちは夢の自動運転車の実現を追い求めてきました。その開発の起源は1920年代の無線操縦車にまで遡ります。前編では、そこから1986年までの変遷を見てみましょう。

100年近くにわたる自動運転車開発

ドライバー無しの自動車の開発が始まったのは1920年代のことである。それ以来、次々と新しい技術が自動運転車に用いられるようになったが、目的は今でもまったく変わっていない。

ドライバーのいない自律した自動車は交通渋滞を減らし、安全性を向上させ、そして経済にもプラスとなる。

無線信号からレーザーのように、過去から今後発展するであろうものまで、使用される技術の変遷をたどっていこう。

 
最新海外ニュース