マクラーレンの新型GTをキャッチ 独自性の強いデザイン、新シリーズ

2019.04.28

サマリー

マクラーレンが5月に発表を予定している新型GTの新たなスパイショットを入手しました。既存モデルとは異なる、独自デザインのまったく新しいシリーズになるようで、GT最軽量かつ最速となるようです。また2020年にマクラーレン初のハイブリッドを発表する予定です。

もくじ

GTに求められる特質を追求したクルマに
価格は約2100万円
マクラーレン初のハイブリッドカーは2020年に登場
プラグインは不可欠

GTに求められる特質を追求したクルマに

マクラーレンは5月に、これまでの「慣例を打ち破る」ような新型GTを発表する予定だ。新たに撮影されたスパイショットの写真には、同社CEOが570GTより独自性の強いものになると主張するデザインが見て取れてる。

マクラーレンがジュネーブ・モーターショーで公開した「公式スパイショット」と同様、新たに入手した写真にも、カモフラージュのラッピングを施した姿でテストしている車両が写っている。570Sと多くの類似性を共有する570GTとは違い、この新型車は既存モデルとは異なる独自のボディ・デザインが与えられている。

このまだ車名が明らかになっていないモデルは、マクラーレンの3.8ℓV8ツインターボ・エンジンを搭載するとみられる。そのパワーは、570GTの570ps以上になるはずだ。3月のジュネーブ・モーターショーで、マクラーレンのマイク・フルーイットCEOは、このクルマが570GTの時よりも「さらに差別化」されたものになると語った。また、「GTに求められる特質を、さらに追求した」クルマになるという。

 

人気記事