プジョーRCZ Rがグッドウッドでデビュー

公開 : 2013.06.11 14:43  更新 : 2017.06.01 02:00

プジョーのロードゴーイング・モデルで最もパワフルなモデルであるRCZ Rが今度のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューする。

このRCZ Rは、RCZのエボリューション・モデルで、260bhpにまでチューンアップされた1.6ℓターボ・エンジンを搭載する。また、そのCO2排出量は155g/kmだという。

パフォーマンス・データは公表されていないが、現在のRCZ THP200の0-100km/h7.6秒というタイムと、235km/hという最高速は間違いなく上回るだろう。

プジョーRCZ Rは、特別製のサスペンションと、トルセン・リミテッド・スリップ・デフが装備される。また、専用のアロイ・ホイールも装着される。

RCZ Rは、マットブラックとカッパのペイントで、パリ・モーターショーとジュネーブ・モーターショーに出展されているモデルだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像