マイナーチェンジ ジャガーXE HSE Rダイナミック 輝きを磨いた中期モデル

公開 : 2019.07.30 10:40  更新 : 2019.07.30 12:38

長距離ドライブでの快適性も約束

300psのエンジンが生む最大トルクは40.7kg-mで、1500rpm-4500rpmの回転数で得られる。しかし、走行距離1600km程度の試乗車のパワートレインはいまいち精彩を欠く印象だった。JLRのエンジニアが、数千kmの慣らし走行を行わないとエンジンやトランスミッション、4輪駆動システムなどの主要なコンポーネンツが本来の能力を発揮できないという話を思い出し、納得した。

フェイスリフト前の200psグレードのXEでもそれは明らかだった。走行距離が1万6000kmを超えたあたりから、エンジンの回転フィーリングが急激に軽くなったことを実感したのだった。

ジャガーはサスペンションにも、わずかに変更を加えたと話している。新しいXEは一気に洗練性を増しており、静寂性も高まり、走行時の快適性も向上している。ロードノイズも小さくなり、英国では一般的に見られる、アスファルトがよじれたようなバンプを通過した時の衝撃吸収性も巧みになった。

試乗車が履いていたのはパフォーマンス重視といえる、20インチのピレリPゼロ・タイヤだが、走行時に受ける印象は、その優れたプレミアム性。秀逸なハンドリングだけでなく、長距離走行時での快適性も約束されているように感じられる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事