字幕付き動画 スズキ・ジムニー vs SJ410 オフロードでの楽しさは不変

公開 : 2019.09.01 07:50  更新 : 2019.09.04 15:46

旧型からコンセプトは変わらず

これは欧州ではSJと呼ばれる2代目ジムニーだ。このクルマはスペインでサンタナが製造した。この血統は見た目以外にも引き継がれているのだろうか。1972年、スズキは軽量コンパクトな軽規格のオフローダーを欲していた。LJ(ライトウエイト・ジープ)10がその答えだ。

2気筒の2ストロークエンジンを搭載し、最高速度は80km/hも出ないが、それは問題ではない。テストにおいてスズキは競合をビーチに集め、砂に埋もれる様を横目にケータハム7と同等の車重のLJ10は走り続けた。

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニー

そして3代目は軽いフェイスリフトを受けながら20年にわたり販売された。1998年の登場だが、それほど古さを感じない。当初は評価も芳しくなく、悪く書かれることもあった。当時の普通車と比べて不自然に車高が高く見えたのだ。しかし20年経つ頃には世間はSUVで溢れジムニーのような乗り味は普通になった。

とは言えそのオフロード性能は健在だ。このチャンネル内でも泥の中で活躍する姿をご覧いただける。しかし今回はSJ410に乗っている。これは初代ジムニーではない。初代は日本国外ではそれほどの知名度がなく、当時はこのクルマをスズキ・ジープと呼んでいたが、ジープはもちろん他社の商標だ。

しかし1980年代に英国で人気となり、世界中で生産されはじめた。これはスペインのサンタナ製だ。SJと名付けられているが、ジムニーの一種だ。英国ではジムニーという名称は1980年代後半から使われている。

この個体はわれわれのカメラマンが所有するものだが、長い間私有地のオフロードで使われており、車検を取得したのは最近のことだ。敷地外に乗り出さないよう小さく注意書きがされている。およそ12万kmの走行距離の大半がオフロードなのだとしたら、32km/h以上でステアリングが壊滅的な曖昧さを見せる理由だろう。

しかも32km/h以上でその速度を知るのは困難だ。スピードメーターは48km/hから72km/hの間を指している。両者の間を頻繁に行き来するのだ。もちろん進路を変えようと思えばちゃんと曲がってくれる。このクルマの行く先を邪魔するものはない。

1Lまたは1.3Lのエンジンが用意される。これは1Lモデルで、たったの45ps程度しかない。しかし車重はわずか900kgだ。パワーは45ps程度でトルクはおよそ7.6kg-mだ。しかし走行に支障はなく、ギアボックスも素晴らしい。初期モデルは4速だったが、この1989年型は5速だ。非常に良く入るギアでエンジンも甘美だ。キャブレター式だが良くできている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事