試乗記

2019.08.17

字幕付き レンジローバー・オートバイオグラフィー vs スズキ・ジムニー オフロード比較試乗

レンジローバー・オートバイオグラフィー/スズキ・ジムニー

編集部より

レンジローバーと先代スズキ・ジムニーをオフロードコースで対決させてみました。ドライバーの経験の差こそありそうですが、ジムニーは圧倒的な価格差とサイズ差をものともしない走破能力を見せつけました。

もくじ

小柄ながら正真正銘の4×4
20年前の発売ながら今でもクール
高性能なシステム満載のレンジローバー
ケイマン1台分以上の重量差
両車ともに一度はスタック
オンロードタイヤで脅威の走破性

小柄ながら正真正銘の4×4

今回の舞台はアバランチ・アドベンチャー。オフロードセンターだ。わたしは今回、オフローダーの代名詞であるレンジローバーを持って来た。

「君はホットヨガにでも行く途中かな?」

「キツい言い方だな。君こそクルマから降りることを想定してないんじゃないか? スズキ・ジムニーを見くびってはいけないよ。あのクルマをなめてかかると痛い目を見るからね」

「じゃああれが本当のオフローダーだって?」

「そうだよ。おとなしい見た目だけど、中身は正真正銘の4×4だからね」

「本当かな。まあ試してみようじゃないか。僕が『本当の』オフローダーで先導するよ。ついてこれるかな?」

「わかった」

では始めよう。すぐに決着はつくはずだ。ちょっとぬかるんだ所を走ってやれば、アイツはスタックするに決まっている。僕はオフロードに慣れていないしそのコツも特に知らないが、親指をステアリングの内側に入れてはいけないことは知っている。

非常に洗練されたクルマだ。すてきなアームチェアで、あらゆるものがレザーかウッドで仕上げられている。カントリーパブにいるようで、暖炉があれば最高だ。ステアリングヒーターがそれに近いだろう。

「ホットヨガね。ひどい話だ」

 
最新試乗記